オルリファスト副作用・効果|家族バレなしの買い方も紹介!

オルリファストの概要

当サイトは脂肪吸収抑制効果のある「オルリファスト」の解説サイトです。

 

ひとまず、オルリファストが最安値で買える「オオサカ堂」を見てみたい場合はこちらから移動してください。

 

 家族バレなし・最安値の「オオサカ堂」を見てみる

 

オルリファストのメリット

オルリファストを服用すると副作用が出ることがありますが、メリットがあることも見逃せません。

 

オルリファストの作用は「食事に含まれる脂肪分のうち、30%をそのまま体外に出してしまう」ことです。例えばハンバーグ200グラムには40グラムの脂肪分(およそ400カロリー)が含まれていますが、そのうち30%の13グラム(約130キロカロリー)が排出され、なかったことになるのです。

 

 

130キロカロリーと聞くとそうでもないように思われますが、1カ月続くと4000キロカロリー、1年続くと5万キロカロリーになり、それだけで7キロ減を実現することができます。

 

できるだけ安く買う方法

 

オルリファストは海外製ジェネリックとなります。なので、国内の薬局などでは入手できませんし、処方もしていません。唯一手に入れる方法は個人輸入のみです。

 

自分でオルリファストを個人輸入するのは手続き上難しいので、個人輸入代行業者を使って購入することになります。

 

私は、オルリファストの購入にはオオサカ堂を利用しています。以下の2つのポイントが理由です。

 

ビタミンサプリセットが安い

オルリファストを飲むとビタミン類も排出されてしまうので、栄養不足が心配になります。その点、オオサカ堂ではビタミンサプリセットが格安で販売されています。

 

通常、オルリファストは1箱(42錠)で3000円~4000円程度が相場なのですが、オオサカ堂だと2箱+ビタミンサプリで5000円程度で買えます。

 

家族バレ対策がしっかりしている

私は家族と同居ですが、オルリファストの購入はあまりバレたくありません。その点、オオサカ堂は郵便局留めに対応しており、郵便局でオルリファストを引き取ることができるのです。なので家族バレのリスクは一切ありません。なお、オオサカ堂で買うと外箱に商品名の記載はないので、勝手に開けられる心配がないなら郵便局留めは使わなくても大丈夫です。

 

 家族バレのリスクがない「オオサカ堂」を見てみる

 

 

 

オルリファストの概要

オルリファストは消化を抑制してダイエットするための医薬品です。実際に医療の現場でも、肥満外来で肥満治療薬として処方されるほどの大きな効果が認められています。インフルエンザ治療薬タミフルでおなじみ、スイスロシュ社が開発した食欲抑制剤ゼニカルのジェネリック医薬品(後発医薬品)として発売されました。

 

オルリファストは、食べた物に含まれる脂肪を消化せず、そのまま体外に排出する効果を持った薬です。本来体内に吸収されるはずの脂肪が吸収されなければ、カロリー摂取量も抑えられますし、ダイエットに効果があるのも当然と言えば当然でしょう。とはいえ、なんでもかんでもカロリーの吸収を抑えるのではなく、抑えるのはあくまで脂肪分の吸収です。脂肪をほとんど取らない方には効果が薄いでしょう。脂っこい食事が多い方におすすめのダイエット薬です。

 

オルリファストはその他にも、肥満が招く高血圧症や、糖尿病を引き起こす高血圧、高コレステロール、高血糖を抑える効き目があります。

 

オルリファストは日本国内での一般販売は行われていませんので、病院に行き医師に処方してもらう必要があります。安く入手したいのであればその他に、個人輸入で手に入れる方法もあります。

オルリファストの副作用

 

オルリファストは医薬品ですので、副作用が出ることもあります。

 

具体的な副作用は以下のものになります。

 

  1. まれに、脂を含んだ便が漏れてしまう人がある
  2. 便と一緒にビタミンが排出されてしまうので、栄養不足による肌荒れなどのリスクがある

 

ビタミン不足については、オオサカ堂のビタミンサプリセットを購入すればOKです。

 

問題は便が漏れてしまう副作用ですが、こちらについては、万が一発生してしまったらその都度対処するしかありません。便の漏れる・漏れないには個人差があり、絶対に大丈夫ということはできないのです。したがって、使ってみて漏れそうになるようならやめる、といった対処方法を取るしかないでしょう。

 

不安なら、オオサカ堂で購入する分量を2箱程度にするとよいでしょう。3箱以上買うと万が一副作用が出たときに無駄になってしまうからです。
※なお、1箱だけ購入するのは割高になりますし、ビタミンサプリセットもないのでこちらもおすすめできません。

 

 2箱セットのビタミンサプリセットを見てみる

 

副作用の詳細解説

 

1.排便のコントロールができなくなる

 

オルリファストを服用することで、お腹が緩くなり、自分の意志で排便のコントロールができなくなり、大量の脂を含んだ便を漏らしてしまうというリスクがあります。

 

オルリファストの副作用のひとつにおならの回数が増えるという物があります。おならが増えるだけなら、さほど大きな問題ではありません。しかし、前述のように、オルリファストの効果でお腹がかなり緩くなっている状態ですから、おならと共に便が漏れ出てしまうケースも多いです。もう少し、症状が進むと最早おならとは関係なく、自分の意思と関係なく漏れ出てしまうという症状が報告されています。

 

こうなってしまえば、おむつをつけて日々の生活を送らなければなりません。そうしなければ、自宅・職場・外出先でもまともに生活できないでしょう。このような副作用を知らずに出先でオルリファストを使い、漏らしてしまったという報告が多数あります。自分の意思と関係なく漏れ出てしまうのですから、我慢が足らないとかそういった問題ではないのです。

 

2.油だけでなく重要な栄養素も吸収されない

 

オルリファストには排便の心配以外にも副作用があります。オルリファストは脂肪分を吸収させずに、そのまま体外へ出す効果をもつ薬品です。しかし、ここで問題となるのは、脂と共に重要な栄養素も排出してしまうということです。脂溶性ビタミンであるビタミンEやベータカロチン等は、文字通り脂に溶けて、その脂ごと体内に吸収されます。油が排出されるということは、その脂に溶け込んでいる脂溶性ビタミンもまとめて排出してしまうということになるのです。オルリファストを飲んでダイエットをしている最中は、失われる脂溶性ビタミンを、食事以外の方法で補うことを常に意識するようにしましょう。

 

3.薬品代が高価

 

オルリファストの処方は保険適用外になってしまいますので、1錠あたり300円以上と少なくない薬代がかかります。オルリファストは1日3錠服用しますので1日900円、一か月27000円、1年となると薬代は30万以上になってしまいます。これだけお金をかけたとしても、半年で
数キロしか落ちなかったという報告例もありますので、コストパフォーマンスはあまりyくないといえるでしょう。

 

ダイエット医薬品はオルリファスト以外にもいくつかあります。サノレックスを代表とする食欲抑制剤です。食欲抑制剤は満腹中枢を刺激して、脳を満腹状態だとだます薬です。オルリファストにはこのような脳に影響を与えるような効き目はありません。

 

オルリファストの効果について

 

オルリファストには食べた物に含まれる脂肪を吸収せず、体の外に出してしまう効果があります。

 

脂肪とは、脂肪酸という小さな物質が集まり、大きな塊となったもののことです。
人間の体は、サイズの小さな脂肪酸であれば吸収できますが、大きなサイズの脂肪は吸収できません。リパーゼという酵素が脂肪を分解し、小さなサイズの脂肪酸にすることで、吸収できるようにしているのです。

 

 

オルリファストの主成分、オルスタリットは、このリパーゼの働きの邪魔をします。リパーゼの働きが邪魔されるということは、脂肪の分解が進まないということになります。これにより三割の脂肪は分解されることなく、そのまま便に混じって体外に排出されます。きつい食事制限をしなくてもオルリファストを飲むだけ、気合を入れてダイエットをしなくても、食事の際にオルリファストを飲むだけでスリムな体に近づくことができるのです。

 

 

ジェネリックってなに?

 

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、これまで有効性や安全性が実証されてきた新薬と同等の効果があると認められた安価な医薬品です。新薬の特許が切れた後に、別の会社が同じ有効成分を使用して開発を行います。

 

新薬開発と違い、どんな成分を使うとどんな効果があるのか、その成分は安全であるのか、ということに関しては分かっていますので、その点に関する研究機関や研究費用を大幅に削減することができます。そして、その分商品価格を安くすることができるのです。

 

名前が違うし、安いから効果の低い粗悪品だということは決してなく、むしろ飲みづらい錠剤を飲みやすく改良したり、体に浸透しやすい形状にしたりと、新薬よりも改良が加わっていることもあります。

 

新薬(オルリファストの場合はゼニカル)と同じ効果があると認定されて初めて、オルリファストは、ゼニカルのジェネリック医薬品として発売することができます。勝手にジェネリックを名乗ることはできず、新薬と同様に審査を通る必要があります。

 

つまり、ジェネリック医薬品は簡単にまとめると

 

成分や効果は同じ
発売している会社と商品の名前が違う
値段は新薬より安い

 

そういう医薬品だと覚えておいてください。

 

 


 
http://www.animalartforsale.com/ http://www.skpoultry.com/ http://www.amazone-restaurant.com/ http://www.cash4foreigncoin.com/ http://www.hnlequan.com/ http://www.z9car.com/ http://www.voitcts.com/