油漏れはどのくらい起こるの?

油漏れはどのくらい起こるの?

油漏れを起こしてしまうリスクはオルリファストを使っている以上、常に抱えていなければならない問題です。オルリファストを服用していると便に脂が混ざる他に、お腹がゆるくなってしまったり、意図しない突然の便意に襲われることがありますので、注意しなければなりません。

 

何かの拍子で力んだ時に、平常時ならなんともなくてもオルリファスト服用中はそこで漏らしてしまうことがあります。おならをしたり、くしゃみや咳をする時、重い物を持つなどお腹に圧力がかかる状況に注意しましょう。力仕事がメインの職業の方や、会議が多いなどの理由でトイレに行きづらい職場環境の方は、ナプキンやおむつを身に着けることで自衛をこころがけましょう。油の混じった便が出てしまう、ということはつまりオルリファストが効果を発揮しているということですから、ダイエット効果を期待しているならば、ある程度は目をつぶるしかありません。

 

  1. なるべく重い物を持つことは避ける
  2. おならやくしゃみ、咳などタイミングをコントロールできるものはトイレで
  3. トイレに行けない状況(会議など)にはおむつやナプキンをつけて臨む

 

むずかしいかもしれませんが、オルリファストの効果中はこれらに気を配るようにしてください。

 

オルリファストの副作用はこれだけではありません、もっとひどい症状もあります。上記の様なきっかけも弾みもなく、自分の意思とは関係なく、ただ単に「気づいたら垂れ流している」という症状です。

 

この症状はオルリファストの長期服用をしている方から報告が上がっています。主に三か月以上服用している場合に発生するようですが、発症から1週間、ながくても1か月もあれば症状は安定していきます。ですが、まれにオルリファストとの相性が悪い方がいるようで、この症状に半年以上にわたって悩まされている方もいらっしゃいます。

 

もしも、このような強い症状が出てしまった場合には、症状が安定するのを待つよりも服用を停止することをおすすめします。オルリファストは排便に関する後遺症は報告されていません。服用をやめ、薬の成分が体内から完全に消えてしまえば、数日で症状は消えるでしょう。

関連ページ

持続時間は?用事があるときは何日前から服用をやめる?
オルリファストの効果時間がどのくらいなのかを説明いたします。また、オルリファストの効果持続時間、どうしても高カロリーの物を食べなければならないとき、どうすればいいかも合わせて説明しています。
食事量の多い時だけ飲んでもいい?
オルリファストは食事に含まれている脂肪を吸収せずに排出する医薬品です。ですから、たくさん食べた時に服用すると効果が高いのですが、気をつけなければいけない点があります。
海外で購入できる?
オルリファストは日本国内では購入できません。ですから、手に入れるには海外からの個人輸入、もしくは海外で直接購入する必要があります。ただし薬事法などに気を配りましょう。
運動はしたほうがいい?減量スピードを上げるなら必要
オルリファストは飲むだけでどんどん痩せるイメージがありますが、実際は原料と言う意味ではマイルドです。なのでしっかり体重を落としたいなら、オルリファストにプラスして適度な運動をしたほうがいいでしょう。
ラー油のような便が出る?おすすめトイレ掃除方法は?
オルリファストを服用すると、脂肪を含んだ便が出ます。その脂肪便については「ラー油」という表現がなされ、オレンジや茶色などさまざまな色が付いています。また、トイレが汚れるため、オルリファスト服用時のトイレ掃除方法なども紹介します。
肌が乾燥するってホント?対策方法は?
オルリファストを服用すると、肌がカサカサに乾燥するという意見があります。実は、乾燥するには理由があり、対策方法もしっかりあります。オルリファストを服用中に気を付けたい点なので、押さえておいてください。