海外で購入できる?

海外で購入できる?

日本国内では販売認可が下りていないオルリファストも、海外では購入が可能となっています。

 

例えばタイでの購入が可能になっています。全ての薬局で置いているわけではありませんが、数軒回れば手に入らないことはないでしょう。そのくらい普通に流通している薬品です。運悪く品切れで手に入らない場合にも、病院で処方してもらえば手に入れることができます。他にもシンガポールでの購入も可能のようですし、それ以外でも薬局や病院でオルリファストを手に入れることが可能な国は複数あります。

 

個人輸入代行を行うよりも安価で購入できることもあって、海外旅行に行った際に、友人へのお土産にする旅行客もいるようですが、実はこの行為はNGなのです。オルリファストを海外で購入し、他人へ渡すのは薬事法で禁止されています。海外で購入したオルリファストを自分で服用するは構いませんが、有償無償問わず他人に渡してしまうと処罰の対象となってしまうことを覚えておきましょう。

 

自分で購入して、自分で使うのは問題ないのですが、そこに至るまでに壁が一つあります。それは「言語の壁」です。海外旅行先で、このような効果が高く副作用をもった薬を購入するにはある程度、現地の言葉を話せる必要があります。特に病院で処方してもらう場合には、おみやげを買う時の様に身振り手振りや品物を指さして済ます、というわけにはいかないでしょう。

 

一番大事なポイントですが、オルリファストはダイエット効果の高い薬として認知度が高い反面、その偽物もたくさん流通しています。こういった偽造薬品を作っているのはその道のプロですから、素人が見ても偽物と見抜くことはできません。オルリファストだと思ったら、実際にはダイエット効果の無い単なるビタミン剤だった、というのであれば損するのはお金だけで済みますが、現実には偽物薬を服用して健康被害を受けたという報告が後を絶ちません。重い症状であれば死に至る危険もあります。

 

国内で認可されていない薬品を海外で購入することは可能ですが、偽物で健康を害する可能性もあることを覚えておいてください。

 

関連ページ

持続時間は?用事があるときは何日前から服用をやめる?
オルリファストの効果時間がどのくらいなのかを説明いたします。また、オルリファストの効果持続時間、どうしても高カロリーの物を食べなければならないとき、どうすればいいかも合わせて説明しています。
食事量の多い時だけ飲んでもいい?
オルリファストは食事に含まれている脂肪を吸収せずに排出する医薬品です。ですから、たくさん食べた時に服用すると効果が高いのですが、気をつけなければいけない点があります。
油漏れはどのくらい起こるの?
オルリファスト副作用のなかで最もやっかいなのが「油漏れ」問題です。この油漏れこそがオルリファストの痩せる効果の肝ですからある程度しかたない部分もありますが、対策市内でいれば日常生活に支障が出てしまいます。
運動はしたほうがいい?減量スピードを上げるなら必要
オルリファストは飲むだけでどんどん痩せるイメージがありますが、実際は原料と言う意味ではマイルドです。なのでしっかり体重を落としたいなら、オルリファストにプラスして適度な運動をしたほうがいいでしょう。
ラー油のような便が出る?おすすめトイレ掃除方法は?
オルリファストを服用すると、脂肪を含んだ便が出ます。その脂肪便については「ラー油」という表現がなされ、オレンジや茶色などさまざまな色が付いています。また、トイレが汚れるため、オルリファスト服用時のトイレ掃除方法なども紹介します。
肌が乾燥するってホント?対策方法は?
オルリファストを服用すると、肌がカサカサに乾燥するという意見があります。実は、乾燥するには理由があり、対策方法もしっかりあります。オルリファストを服用中に気を付けたい点なので、押さえておいてください。