オルリファストの飲み方・服用方法

オルリファストは用法・用量を守って服用しよう

オルリファストは医薬品ですから、推奨されている用法や用量があります。その通りに飲めば問題ありません。自己判断で飲む量を変えないようにしましょう。

 

具体的なオルリファストの用法・用量を以下のようになります。

・オルリファストは食事中か食後一時間以内に服用。
→食事前に飲んでも効果はあまりない。食べ物が胃に到達して消化の始まる時間(個人差はあるが食後1時間)位に飲めば効果が高い

 

・オルリファストは3度の食事ごとに1錠飲む。
→食べた脂肪分を体の外に出す為に飲むのだから、毎食ごとに飲むとよい

 

・飲み忘れても一気に飲まない
→既に食事を消化し終わっているのに飲んだり、前回の食事で飲み忘れた分をまとめて飲んではダメ。飲み忘れたらその回の服用はお休みしよう

 

・食事をしなかった時はオルリファストは飲まない
→オルリファストは食べた物の脂肪を排出する薬なので、食べてない時には飲む意味がない。

 

・脂肪の少ない食事の時も、オルリファストは飲まない
→食べ物の中に脂肪が少なければ、効果はほとんどないので飲まなくてもよい。

オルリファストの効き目は、体質や体の大きさなどにより個人差があります。なかなか体重が落ちない方もいるとは思いますが、効き目が少ないからといって、一度に2錠以上の服用は危険です。飲み忘れても、「次飲めばいいや」と気楽に考えて、飲みすぎないようにしましょう。副作用の大きい薬ですから、用法・用量を厳守するようにしてください。

ゼニカルも飲み方は同じ

オルリファストはゼニカルのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品とは要するに、内容や成分は一緒だが、価格の安い薬のことです。つまり、ゼニカルとオルリファストの飲み方は同じなのです。オルリファストよりも、多く飲んだり少なく飲んだりはしないようにしましょう。

 

何度も繰り返しになってしまいますが、

・一気に2錠以上飲まない
・飲み忘れてもその分多く服用しない

これだけは絶対に守るようにしてください。

オルリファストを飲むときに気を付けてほしいこと

オルリファストには「脂肪分の排出」という効果があります。食べた物のアブラを体外に排出してくれるわけですが、実はこれは時間を選んでくれません。

 

これは、昼夜や状況に関わらず、常におしりから脂が漏れてしまう危険性があるということなのです。これは就寝中も該当しますので、寝る前におむつや生理用品をつけ忘れることのないようにしてください。

 

そして、常に下痢の症状に悩まされるという副作用もあります。お出かけの際には、オルリスタットと合わせて、下痢止めや胃腸薬を持って出かけるのがいいでしょう。便秘気味だとしても油断はせずに準備をしてください。