オルリファストの価格はいくら 健康保険適用は最安値は

オルリファストの価格について

最初にオルリファストの基本的な価格(薬価・定価)がいくらくらいなのかを知っておきましょう。取り扱うクリニック次第で価格は変わりますが、大体以下のような価格帯になっています。

オルリファスト1錠 150円~300円

 

1錠あたり200円ほどで処方しているクリニックが多いようです。ほとんどのクリニックでは初診料や再診料は無料になっているようなので、かかる費用は薬代のみということになります。

 

注意しておきたい点はオルリファストの処方には保険がきかないということです。保険が適用される例として、風邪をひいて風邪薬の処方を受けた場合があります。この場合には健康保険が適用されて3割負担で済むため、本来なら数千円の負担(風邪薬1錠あたり数百円)になるところを、実際には1000円程度の支払いで済みます。

 

しかし、オルリファストの場合は全額負担となるため、1錠200円として1日600円、一か月で18000円、1年だと支払額は20万円を超える額となってしまいます。

 

オルリファストを安く購入する方法はないの?

 

前述の通り、オルリファストは保険適用外のため、クリニックで処方してもらった場合には多額の薬代がかかってしまいます。そこで個人輸入を利用してオルリファストを入手することで薬代をぐっと抑えることができます。

 

個人輸入って何?

 

個人輸入とは、輸入した本人だけが使用するという限定された条件のもとに、海外から個人的に医薬品を輸入できるシステムのことです。しかし、医薬品を輸入する際には、難しい手続きが多数必要となりますので、個人で行うのはほぼ不可能でしょう。

 

もしも、日本では販売されていない医薬品を安く手に入れたいのならば、個人輸入代行業者を使いましょう。

 

個人輸入代行業者に依頼すれば、難しい手続きはすべて引き受けてくれるので、ほとんど通販と同じような感覚で医薬品を購入することができます。

 

個人輸入代行業者も多数ありますが、最安値でしかも安全にということであれば「オオサカ堂」を選んでおけば安心でしょう。取扱商品の中にオルリファストもありますので、オルリファストを安く手に入れたければ、オオサカ堂で個人輸入代行をしてみるのは良い選択だと思います。

 

オルリファストはゼニカルのジェネリック医薬品ですが、オオサカ堂ではゼニカルも扱っています。ゼニカルはオルリファストよりも割高ですが、個人輸入代行であれば、1錠100円ほどでの購入が可能です。どうしてもオルリファストよりゼニカルを使いたいという方は、こちらで購入してみるのもいいでしょう。クリニックで処方してもらうよりも、かなり安い価格で手に入れることが可能です。

 

※注意
オルリファストには大きな副作用があります。自分の意識とは無関係に、おしりから脂肪が垂れ流されてしまい、おむつを着用しなければまともに生活ができない症状が出てしまう場合があります。他にも、脂が排出されてしまうことから、肌からうるおいが失われカサカサ肌になってしまうというのも、美容目的でオルリファストを使用している女性にとっては無視できない副作用です。オルリファストを使用するよりも、最初にデメリットの少ない安全なサプリなどの方法を試すのがオススメです。