オルリファストの妊娠中の影響 赤ちゃんの成長を阻害する可能性

オルリファストの妊婦への悪影響

妊娠中にオルリファストを服用した際に、どんな悪影響が出るのか気になっている女性が多いようですので、それらについて説明を行っていきたいと思います。

 

オルリファストは、リパーゼの働きを阻害することで、食事に含まれている脂を体外にそのまま排出する効果を持った医薬品です。ここだけ見れば妊婦への悪影響はなさそうですが、実は脂のほかに、脂溶性の栄養素ベータカロチンやビタミンEが、脂に溶け込む形でともに体外へと流出してしまうのです。妊娠中のママは、自分一人分だけではなくおなかの赤ちゃんの成長の為にいつもより多くの栄養が必要です、それなのに体から栄養が排出されてしまうのですから、お腹の赤ちゃんには栄養が行きわたらなくなってしまいます。

 

脂だけではなく栄養まで流れ出てしまいますので、オルリファストを服用する際には、ビタミン剤も併せて服用するのが望ましいとされていますが、それはあくまで一般的な状態での服用です。赤ちゃんがいる場合にはビタミン剤で補給する程度では焼け石に水、ビタミン不足はそのくらいでは補うことはできません。

 

これにより、アメリカではオルリファストを処方するかどうかの判断材料として、妊娠していないかのチェックはとても重要な項目になっています。ですが、日本の場合には患者さんが妊娠しているかどうかのチェックをせずに処方してしまう、悪質なクリニックもあります。妊娠しているときの処方は避けて、自分の身は自分で守るようにしましょう。

 

また、授乳期のオルリファスト服用も避けましょう。母乳は母親の摂取した物がそのまま溶け出しています。母親がオルリファストを服用していれば、そのまま母乳を通じて赤ちゃんがオルリファストを服用しているのも同じです。赤ちゃんにはたくさんの栄養が必要です、オルリファストを服用することで、脂肪分や脂溶性ビタミンが排出されてしまうと、成長を阻害する要因になってしまうでしょう。ですから授乳期も妊娠中と同じようにオルリファストは処方されません。処方されないからと言って個人輸入で手に入れて服用すれば、赤ちゃんが悪影響を受けてしまいます。なぜ処方されないのかをよく考えて、妊娠中や授乳中にはオルリファストを服用しないようにしましょう。

 

生理不順などの重い症状が出ることもある

 

妊活中のオルリファスト服用はどうでしょう。そもそも、妊活とダイエットは相性が悪いのです。ダイエットによる栄養不足は妊娠確率を大きく下げてしまいます。そこにさらにオルリファストを服用してして脂肪や栄養素を排出して、更に栄養を体の外に排出してしまうようでは、せっかく妊活をしても意味がありません。

 

そして、ダイエットが生理不順を招くことは良くある話です。オルリファストを服用することで生理不順になりやすくなったり、症状が悪化した報告も数多くあります。妊活をする際にはダイエットをせず、まずは妊活に集中するようにしましょう。